男性不妊検査について

男性不妊の精密検査記事一覧

男性不妊の精密検査について

基本検査で異常が発見された場合、不妊の原因を特定して治療するために、さらに詳しい精密検査をおこないます。基本検査に比べ、もっと精密に調べるため、精密検査の中には、手術かと思ってしまうような検査もあります。染色体や遺伝子にかかわる検査などは、医師の方針により、検査項目は大きく変化します。染色体異常や遺...

≫続きを読む

精巣生検

精液検査の結果、無精子症または重度の乏精子症と診断された場合に行われます。陰嚢部を局所麻酔後に切開し、精細管の組織を採り、顕微鏡で精子が存在するかを確認します。男性不妊症の外来を訪れる方の約2割は、精液中に精子が1個も認められない無精子症だといわれています。無精子症には、精子の通り道になんらかの障害...

≫続きを読む

精液培養検査

精液検査をおこなった結果、精液中に白血球が多く認められるときに、精液の培養をおこない、細菌の種類などを調べます。精液中に白血球が多かった場合、炎症や感染症(クラミジアなど)が疑われるため、どんな細菌がいるのかを 探すために精液を培養して調べます。外尿道口の消毒をした後、滅菌している容器に精液をとって...

≫続きを読む

遺伝子検査(血液検査)

遺伝子検査は、非閉塞性無精子症や高度の乏精子症のかたのY染色体の微少な欠失を調べるときや、先天性の精管欠損症で嚢胞性線維症の責任遺伝子との関係を調べるときなどに行われます。まず採血をしてリンパ球を分離し、そのリンパ球よりDNAを抽出し、欠失、変異の有無、塩基配列を調べます。この結果、精子形成に関連の...

≫続きを読む

精子生存性検査

精液中に動いていない精子が多い場合に、その精子が生きているのか死んでいるのかを判別するためにおこなう検査です。精子が死んでしまう原因は、まだわかっていない未解明な部分が多いのですが、精子そのものに何らかの異常がある場合や、または精巣上体(副睾丸)の分泌液に問題があり、精子と分泌液が一緒になった時に死...

≫続きを読む

クルーガーテスト

クルーガーテストは、精子の形態について調べます。WHOの正常形態とされるものより、基準が厳しく設定してあります。Diff-Quikという試薬で精子を染め、形態を6タイプに分類し、精子の奇形性と受精能力を推定するものです。正常に染色されるもの(TYPE1)が14%以上あれば正常とします。それぞれのTY...

≫続きを読む

精管精嚢造影

閉塞性無精子症などで、精巣で精子はつくられているが、射精精液中に精子が認められない場合、精路の通過性を調べる目的でおこなわれます。女性の不妊検査である子宮卵管造影検査では、腹部の切開は必要ないのですが、男性の場合は、陰嚢の皮膚の一部を切開して検査します。精管が通っている精索とよばれる管に麻酔をします...

≫続きを読む

尿中精子検査

おもに無精液症や精液減少症などの方を対象に行われる検査で、膀胱に精子が逆流していないかを調べます。射精後、または射精感のあったあとに、中間尿(最初と最後の尿を除いた真ん中の尿)をとり、尿中の精子を調べます。この検査の結果、尿中の精子の数が多い場合は、逆行性射精と診断されます。逆行性射精とは、精液が外...

≫続きを読む

電子顕微鏡による精子尾部検査

精子の尾部に異常がないかを調べる検査です。電子顕微鏡を使用して行います。精子生存性検査で精子が生きていることは確認できているが、動いていない精子が精液中に多数存在する場合に行います。この検査は精子の運動をつかさどっている精子の尾部を電子顕微鏡で観察し、構造に異常がないかを調べます。正常な精子の尾部は...

≫続きを読む

抗精子抗体検査

抗精子抗体とは、精子に対する抗体のことで、その抗体を持っているかどうかを調べます。抗精子抗体は男女それぞれにあります。この抗体が精子の尾部に結合すると、精子の運動性がなくなったり、精子の頭部に結合すると、精子の受精能力が失われてしまいます。女性の不妊症の基本検査で、フーナーテストをおこないます。女性...

≫続きを読む

ハムスターテスト

ハムスターの卵子を使って、精子が受精できるかどうかを調べる検査です。精液検査で問題がある場合や、体外受精で受精卵ができなかった場合などにおこなわれます。透明体を除いたハムスターの卵子に、先体反応を起こしたヒト精子が侵入できる性質を用いて、精子に受精の能力があるのかを調べます。先体反応というのは、精子...

≫続きを読む

アクロビーズテスト

アクロビーズテストとは、精子の先体機能、運動性を調べるための方法で、一般精液検査で問題があるときなどに行なわれる検査です。精子は射精された直後から受精が可能になるわけではありません。子宮や卵管の移動中に「先体反応」が起こり、受精の準備が整うのです。先体反応というのは、精子が頭部にある先体から酵素を放...

≫続きを読む

HOSテスト

HOSテストとは、一般精液検査で問題があるときなどに行なわれる検査で、精子の受精能力があるかどうかを調べる検査です。または、顕微授精をおこなう際に、動いている精子が見つからないときに、精子が生きているかどうかを調べるためにおこないます。精子を浸透圧の低い液の中に入れると、生きている精子は尾部の構造が...

≫続きを読む